引越しでのダンボールとガムテープ

新しいアパートに入居するため引っ越しをする事にしました。引っ越し作業はとても簡単に思えました。ダンボールとガムテープを買って家の中のものを拭いてこの箱にしまい、大きなタンスなどを空にします。

大きなタンスの引き出しの様な外れる素材から家の外に出しますタンスと引き出しはセットで出します。引き出し→タンス本体の様な順番です。出した引き出しタンスは家を出る前に拭いて綺麗にするのがいいと思います。着くまでの間にタンスが乾くからです。

冷蔵庫、洗濯機など大型の家電製品は重いです。ダンボールの紙の上に家電製品を置き段ボールを引きずって外に出しました。トラックの様な車の上に積むのにも段ボールが背当てになると製品に傷がつかずに良かったです。車の上で家電を立て、家電積み込み終了です。

布団は汚れない様に大きな布製の布団袋に入れて運びます。少し高いですがしっかりとした袋で長い間何回も使えるのでお勧めです。 食器など割れもの、キッチン用品はダンボールに入れました。洗濯ものは前の日に乾かしておくのがいいですね。

単身引っ越しの時ビニール袋は大変助かりました。キッチン用品、バス用品、トイレ用品、日用品、で4,5枚使いました。ダンボールに入りきれない衣類もビニールに入れれば汚れず良かったです。 でていく前に部屋の掃除をして大家さんに挨拶しました。新しい家に運んで荷物を下ろします。

同じようにダンボールを使って家電を運び、ダンボールを運び、衣類、キッチン用品、トイレ用品、日用品、バス用品を運びました。家の中でこれを開封しここと思う場所にセットし、引っ越しの完了です。少しお金に余裕があれば、新しいものを引っ越し先で購入出来ます。引っ越し前に不用品は引き取りを依頼して処分すると良かったと思います。