便秘にはウォッシュレットが強い味方!

妊娠前は便秘知らずでスムーズなお通じがあったのですが、妊娠後期から便秘になり、産後はひどい便秘に悩まされました。妊娠中は、いきむと胎児が出てくるのではないかという恐怖(初産だったのでそう信じていました)、産後は会陰切開の縫合部分の痛さでいきむことができませんでした。産後は、完全母乳で育児をしており、体が水分不足だったのも便秘の原因だと思われます。

なるべく水分を摂るようにしていましたが、飲む分以上に外に出ていたようでした。また、食生活にも気を使い、なるべく繊維質のものを食べようとしましたが、育児疲れでまともにご飯を作ることも食材を買いに行くことすらも大変でした。

痛みのために我慢しているのと、まともに食事を食べていないのとで、便秘はますますひどくなるばかりでした。妊娠中は便秘になりやすいとのことで妊婦健診時に薬を処方されていましたが、産後は病院に行くこともなく、行ったとしても授乳中なので服薬はしたくないという気持ちが強かったです。

産後は悪露の処理で陰部を消毒綿などで拭いてきれいにするのですが、なくなってからは久々にウォッシュレットのビデ機能を使ってみました。最初の頃は縫合したところが痛みましたが、徐々に軽減されていきました。これならばいけるのでは?と思い、お尻のほうもやってみました。福祉関連業に従事した経験があり、肛門付近を刺激すると便が出るという話を聞いていたからです。

しかし、弱でも出ず、中でも出ず…強にしたときは浣腸をしているときに似た感覚がありました。そして、ついに出たのです。腸内洗浄じゃないけれど、それはそれはスッキリしました。ただ、慣れてしまうと老後の便失禁が怖いのでほとほどにしたほうがよさそうです。