引っ越すのにもワケがある

集合住宅でのご近所付き合いは気をつけねばなりません。私は仕事に出かけていて家をあけることが多いので、近所付き合いと言っても週末か休日に限られています。しかし、嫁は専業主婦で毎日ご近所との付き合いに悩まされていました。

月に1度くらいの頻度で住宅の掃除が回ってきます。住人全員がこの住宅のルールに則り当番制で行うので掃除自体は問題ないのですが、そこに集まる住人が癖のある人が多いと辛い目に合うこともあります。

住宅に長く住んでいるある住人は自分がやりたくない場所の掃除が回ってくるとそれを拒否します。そしてその責任を最近引っ越してきた住人に押しつけるのです。断ることもできますが、その代わりその住人につく仲間達から無視されることを覚悟しなければなりません。ただの無視ならば良いのですが、回覧板を回してもらえなかったり、締め日になっても共益費の集金をしてもらえなかったりやり方が陰険なのです。

自分の友人がそんな仕打ちをされたと言って、わが嫁は正義感でその住人に話し合いに行きました。しかし、相手は開き直り逆に嫁に「あなたも同じ目に合うかも…」などと脅迫めいた言葉まで吐いたというのです。帰宅後、嫁の怒りはなかなか収まりませんでした。

その後嫁も何度か嫌がらせを受けましたが、特に気にしない様子でした。 ところが1年ほど過ぎた頃、嫁の友人が住人との関係に耐えられなくなり引っ越してしましました。それ以来嫁も弱気になったのか引っ越しのことを口にするようになりました。

結局近場に良いアパートを見つけることができ我が家は引っ越すことになりました。今ではご近所の奥様と楽しくやっているみたいです。限界が来る前に引っ越して良かったと家族でそう思っています。